月別: 2018年1月

厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。

妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。
そのため、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こすリスクが高くなるという話があります。
こうした事を踏まえ、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
なかなか妊娠できない体質から抜け出すのに、普段の食生活の見直しも大切だと思います。
栄養をもとに卵子も精子も作られているので、食生活が乱れていては活発な卵子・精子は期待しにくいでしょう。
妊娠しやすい体作りは子育ての下準備のようなもの。
栄養バランスの良い食生活を大事にしていくといいでしょう。
妊娠のひと月前から妊娠初期の、胎児の成長初期段階において葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。
赤ちゃんが健やかに育つように、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。
ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。
厚生労働省の発表によりますと1日あたり葉酸0.4mgです。
さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。
野菜だけで補おうとするとあまり現実的ではありません。
ですからサプリを活用してみるのが良いと思います。
葉酸は、胎児の正常な発達に働きかけるため、妊娠初期の妊婦に、積極的な摂取を求められる成分ですよね。
とはいえ、つわりや体調によっては、食事をするのも辛い時がありますよね。
そうすると食べ物からの摂取が難しくなりますが、そうした場合には、無理に食べするとますます体調の悪化を招いてしまう場合もありますから、食事は控えめにして、サプリメントなどの栄養補助食品を飲めば不足しがちな葉酸もちゃんと摂ることが出来ますから、こうしたものを利用するのも良いと思います。
皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行うものだと考える方も居ますよね。
ですが、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。
それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。
不妊などの原因は女性にあるとは限らず、男性側の問題だというケースもあります。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸は女性の妊活にとっても必須のものですが、男性の精子の質を高める効果が報告されています。
ですので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
卵子が受精した後、受精卵は細胞分裂を繰り返しながら成長し、おなかの中で体の器官を作り上げていくのですが、この時の成長をサポートするのが葉酸なのです。
今は葉酸のサプリも入手しやすくなっていますが、葉酸単体の吸収率はそれほど高くないのです。
ですから、様々な栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がお勧めですね。
しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どのような成分が必要なのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。
総合サプリで何を選んだらよいのか分からない、という方は、信用できる赤ちゃん用粉ミルクの成分を目安に、サプリを選んでみましょう。
粉ミルクには赤ちゃんに必要な成分が揃っていますので、それを目安にサプリを選べば安全です。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性も多いと思います。
実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、熱を加えてしまいますと大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
総合的な摂取量としては不足している、という場合もあります。
実際に妊娠してから葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。
それでは、この葉酸をいつまで摂取するのが正解なのでしょうか。
赤ちゃんの為に摂取をされているという方は、出産するまでの間だけ、摂取を心がけるという事でも問題ないでしょう。
でも、葉酸には体に有益な様々な働きをしてくれます。
中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、出産後も続けて葉酸を摂るようにすることで身体を健康的に保つことをおススメします。
まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。
簡単すぎるようですが、基礎体温の推移を見れば体の状態というのがよく分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。
基礎体温表を作るには、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというルールもあるので、それを守ってつけていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。
葉酸が多く含まれている野菜についてですが、冬が旬の小松菜、初春に店頭に並ぶ菜の花や、夏のモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。
赤ちゃんを授かったあと、早めにこれらの食材を摂取することによって、胎児の先天異常を発症させにくくするそうです。
とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのをオススメしたいです。
あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。
参考サイト:不妊治療 サプリ ランキング