インプラント埋入手術

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めは頓服として処方されますので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。
どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。
インプラントはメリットの大きい治療法です。
けれども、デメリットも知った上で選択してください。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。
加えて、治療が失敗して健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。
ごくまれなことですが、手術後の死亡例もあります。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
この定期検診に必要なお金は基本的に保険が適用されるので三千円くらいかかります。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいと、患者が考えている場合です。
例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
骨との親和性が高く材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、人と状況によりけりなのです。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
近年市民権を得てきたインプラント。
人工歯の組成には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。
セラミックとは要するに陶磁器であり、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。
綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必要不可欠です。
これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、まずは口腔内をきれいに保ってください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、様々な事情から、他の治療が受けられない方に適用されます。
クラウンやブリッジの支えになる歯がない、噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。
入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
PR:ホワイトニングジェル 効果